シイタケ
今日は朝から研修先のファームでシイタケの仕事でした。11月頃から採れ始めるシイタケもそろそろ終盤にさしかかっています、が、ここ数日は沢山採れています。

芽出しハウス

これは先月末の種まきの為に建てたハウスです。居間のすぐ裏に建てました。電熱線を敷いて温度を管理して蒔いたの

ですが、自分たちでもびっくりするほど上手く育っていました。(でも電熱線での管理は初めてなので比べようもない

のですが)しかし数日前から何者かに葉っぱを食べたれるようになり、初めは数本ずつだったのが、日に日に数が増え

てきました。中にはほとんど無くなってしまった品種も出てきました。実は去年も200本以上のブロッコリーの苗が

最後には数本になったり、他の野菜も沢山やられました。
食べられた苗


ずっと虫の仕業だと思っていたのですが、今年電熱線のシートをはぐってみるとネズミの糞があり犯人がわかったの

で、先日の超音波作戦に至ったのです。その結果次の日は被害ゼロで喜んだのもつかの間、2日目には今までのペース

ではありえないほどの数やられてしまいました。  人間が超音波などという兵器を導入したためにネズミもむきにな

ってしまったのか、、悲しいやら怒れるやら、でも少しやり方がまずかったのか、、、などかなり悶々としています。

苗が育たないと自分たちの生活は出来ないし、でも人間の力を使ってネズミを排除するのが良くなくありのままの自然

の状態にしておくべきなのか、しかし種を蒔いている時点でもう自然ではないし、、、等々。

 何かいい方法がないかと模索中ですがどなたか良いアドアイスがあれば是非教えて下さい。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

固定種自家採種の無肥料自然栽培野菜セット7月末までお休み

 お申し込みはリンクの「無肥料自然栽培野菜セット」より  
プロフィール

amrita農園

Author:amrita農園
岐阜県高山市清見町で固定種・自家採種を大切にし無肥料・自然栽培の野菜作りをしています。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム