種採り畑の様子


この所アブラナ科の花が満開で夕方にネットの開け閉めをして交雑を防止しています。 2年前までは数種類のアブラナ科の種採りをするのにネットを閉めっぱなしで、自分達で受粉用の綿のついたような棒で花粉をつけてまわっていましたが、やはりミツバチに受粉してもらったものに比べタネが少なくて弱かったので、昨年から2年おきの種の更新にして種類をしぼりネットの開け閉めをしハチに受粉してもらう方法にしました。やはりハチの受粉の方が比べ物にならないくらい充実したタネが沢山採れます。
002_convert_20140521221525.jpg
金町こかぶ
004_convert_20140521221704.jpg
野沢菜
005_convert_20140521221844.jpg
14日に定植した桑の木豆とモロッコインゲンは植えてすぐに大発生中のマイマイガが沢山集まってしまい茎が真っ黒になってしまい今年は収穫までいけないかも、、と思っていましたがよく見てみると殆ど全てのマイマイガの幼虫は動かなくなっていました。大発生が収まるにはウイルス病に感染する事のようでしたが、ウイルスなのか、野菜たちが身を守る為何かしらの攻撃をして死なせたのか、やはり自然は凄いなぁと実感しています。気持ちが悪いと思うので一度歯ブラシできれいにしなくては。

 春は山菜の季節で連日、わらび・タラの芽・こしあぶら・山ウドなどなど、美味しくて毎年食べ過ぎておなかの調子が悪くなってしまうほどで、冬に溜まった悪いものを出してもらっています。
006_convert_20140521222017.jpg

それにしても野菜の力は人間なんかをはるかに超えている事を又しても実感しています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

固定種自家採種の無肥料自然栽培野菜セット7月末までお休み

 お申し込みはリンクの「無肥料自然栽培野菜セット」より  
プロフィール

amrita農園

Author:amrita農園
岐阜県高山市清見町で固定種・自家採種を大切にし無肥料・自然栽培の野菜作りをしています。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム