アロイトマト不耕起栽培


 今年はアロイトマトのハウス一棟で実験的に不耕起栽培をしてみます。 毎年春にトラクターで土を起こし、管理機で畝を上げていますが、トラクターで土を踏み固めてしまうのと、管理機で約40センチ畝を上げるので土が動きすぎているのではと気になっています。トマトは全てハウスでの栽培なので完全に連作していますが、前年度に育った土の環境を、いくらトラクターで浅く耕すとはいえ表土の微生物層を混ぜてしまうので不耕起の方が土の環境的にはより良いのではないかと思い試してみる事にしました。 が、昨年秋にマルチをはがしておいたので最近までに草が生えてきてしまっていたので鍬で草を削ってからマルチをかけました。トマトハウスは畝にマルチと通路は防草シートを使っているので春までそのままにしておけたら草の管理としてはいいのではと思いましたが、土にはやはり息苦しくて良くないとの事だったので全て冬前に片付けています。
どういう結果になるか楽しみです。 本当は土が乾いているので雨を待ってマルチがけをしたかった所ですが、雨の予報も遠いのでマルチをかけています。露地のものは大丈夫だと思いますがハウスのトマトは灌水もしないので水分が足りるのか少し心配です。そろそろ色々な野菜を定植していきたいところですが朝はまだ寒く8度をきってしまう朝もあるのであせらずもう少し、です。

 トマトの苗が大きくなりぶつかり合うようになってきたのでずらしました。花芽も出来てきました。
001_convert_20130522202832.jpg
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

固定種自家採種の無肥料自然栽培野菜セット7月末までお休み

 お申し込みはリンクの「無肥料自然栽培野菜セット」より  
プロフィール

amrita農園

Author:amrita農園
岐阜県高山市清見町で固定種・自家採種を大切にし無肥料・自然栽培の野菜作りをしています。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム