畑の様子 トマト

2012.6.27アロイトマト緑マルチ
2012.6.27アロイトマト黒マルチ

2012.6.27アロイトマト横植え
2012.6.27アロイトマト田中緑マルチ

2012.6.27麗夏
 台風の被害は何もなく助かりました。昨日は名古屋の朝市の生産者会議があり沢山の農家の人、農家を志す人達と話す事ができて沢山の刺激を貰いました。畑の見学も出来て、この時期によその畑をみさせてもらうのは初めてでとても有意義な会でした。 今のトマトの様子です。マルチの色の違い、植え方の違い、植える時期の違い、品種の違いなどによってそれぞれ色々な生育の違いが出ています。
上から2枚は同じハウスで初期の生育は緑マルチの方が良かったものの気温が高くなるにつれ黒マルチのほうが生育が良くなってきたように思います。気温31度で黒マルチの地温が31度、緑は35度もあって緑のまま実験し王と思っていましたが、気温が高すぎて受粉が良くない気がしたので急遽ここも白マルチを上から張って、数時間後に地温を測りなおすと30度になっていました。
 3枚目は隣のハウスで通路の真ん中の畝で横植えをしたものです。1番花は摘花して栄養成長を維持して樹を充実させるのが狙いです。毎年トマトに灌水をしないで育てると真ん中の畝は殆どが尻腐れが出て玉が中玉ほどになってしまうので今年は畝を高くして横植えにすることで改善できないかと思っています。今までは水分不足で尻腐れが出ているとばかり思っていましたが、根っこが張れなくなる事によって微量要素の欠乏が大きく関わっているのではないかと思っています。 横植えは今のところとても調子がよく、根きり虫に切られてしまった株を抜いて根っこを調べたところ根っこの伸び方が全く違い栄養を吸うための細かい根っこが沢山出ていて凄かったです。
 4枚目は別の場所にあるハウスでここは土が浅くて、トマトは3年目で元々はとても水はけが悪い場所でしたが今は良くなっています。トマトが細くてクロロシスが出ています。この場所こそ横植えで実験しなければいけなかったと反省しています。4枚目は自家採種アロイトマト、5枚目はF1麗夏で苗の出来、初期成育はF1の凄さを見せつけられましたが、定植後少しでクロロシスが出始め生育が止まってしまいました。このハウスは連作3年目で以前も蕎麦をそのまま作っていただけの場所なので残肥はもう殆どない為か種採りの強さが出ているようです。
 麗夏はとにかく樹勢を維持できるように1段目から3段目まではかなりしっかり摘果して何とか最後まで収穫出来るようにしたいと思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

固定種自家採種の無肥料自然栽培野菜セット7月末までお休み

 お申し込みはリンクの「無肥料自然栽培野菜セット」より  
プロフィール

amrita農園

Author:amrita農園
岐阜県高山市清見町で固定種・自家採種を大切にし無肥料・自然栽培の野菜作りをしています。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム