マルチの色での地温の違い

地温計測2012.5.20
 今日はズッキーニの定植をしました。毎年夏の暑い時期に黄色のズッキーニの色付きがムラになってしまったり、緑色だと肌がぼこぼこになってしまうのが出るのですが、暑さのせいのようなので今年はマルチの色を変えて調子を調べてみたいと思います。例年だと黒マルチを使っていましたが今年は他に透明、白マルチでも比べています。
植えていても明らかに地温が違うので温度計で測ってみると、気温23度、9センチポットの根っこがくるであろう地中7センチ辺りでは黒マルチ30度、透明34度、白19度でした。思った以上に温度が違いました。予想外だったのは白マルチが思った以上に温度が低い事でした。
どうりでレタスに白マルチを使ったのですが定植して結構経つのになかなか大きくならないのはそのせいのようです。 白マルチだと夏場の暑い時期やハウス栽培はいいと思いますが、露地栽培だと初期の活着が良くないと思うではたしてどうなのかわかりません。透明だと春先の低温期はとてもいいと思うのですが夏場は冷涼な気候を好む野菜には良くなさそうです。  

 この事からもナス、ピーマン等の高温を好む野菜には透明マルチは間違いなく良さそうです。あとトマトにも初期の地温の低さによって窒素成長に傾きやすい(リン酸を吸いにくい)ようなので最後に植える育苗しているハウスに植えるトマトには透明か緑で一部試してみたいと思います。でもハウス栽培なので夏場の地温が上がりすぎるため夏場にはマルチの上に掛けて地温を下げる為に使う白いシートを慣行栽培トマト農家の友達に貰ったのでそれを試してみたいと思います。
トマトのハウスは地温確保の為いつもよりも早くマルチを張り、サイドビニールも閉めっぱなしにしてしっかり地温を上げてからの定植をする予定です。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

固定種自家採種の無肥料自然栽培野菜セット7月末までお休み

 お申し込みはリンクの「無肥料自然栽培野菜セット」より  
プロフィール

amrita農園

Author:amrita農園
岐阜県高山市清見町で固定種・自家採種を大切にし無肥料・自然栽培の野菜作りをしています。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム