トマトの畝たて

 今日はトマトの畝たてをしました。自然栽培セミナーでのトマト作りに重要なのは畝を高くすること という事だったので40センチを目標にやりました。去年のトマトハウスで病気もあまり出ずハウスの真ん中の畝でも尻腐れが出ずに最後まで採れていたハウスがありましたが、そこのハウスが他とどこが違ったといえば畝が高かったということなのかとも思います。多分去年の高さは30センチほどだったと思いますがさらにあと10センチほど高くする為には管理機で土を上げた後に鍬で上げていこうと始めましたが、なかなか大変だったので、始めに2輪管理機で畝を上げて、さらに通路を1輪の管理機で通って地面の土を柔らかくして鍬で寄せやすくすると言う方法でやってみると、手だけで上げるよりは楽になりました。
トマト畝たて(3)2012.5.14
トマト畝たて(2)2012.5.14
トマト畝たて2012.5.14
ハウス5棟で1日がかりでしたが目標の40センチに届き良かったです。手でやってみて改めて機械の有難さを実感しました。
 畝を高くすることで畝の温度、水分、根圏など良くなったはずなので今年が楽しみです。
でも今日畝を上げながら感じたのが、土を耕す時に表面10から15センチほどを浅く耕すと言う事も大切と言われていて、うちもトラクターで耕すのはギリギリで平らになる深さの10から15センチということに注意を払ってやっていますが畝を高く上げると深くまでどうしても耕してしまっている事になってしまっている事、特にうちが今回やったやり方では一番深い部分の土を表面に上げてしまっていて、表層部の微生物の活動などにとってどうなのだろうかと思いました。 やはりあまり深く耕さないほうがいい気がするので、畝を固定にして毎年植えつけ前に畝の表面だけを浅く耕して、通路も固めてしまわないようにと、酸素を供給すると言う為に一度起こして植えつけるというのもいいのではないかと、今年のトマトを作ってもいないのに来年の課題も議論していました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

参考になります!去年うちのトマトは散々でミニはハウス3棟ほとんど全て青枯れで収獲ほぼ0。露地の大玉もまったくダメ。唯一ハウスのイタトマと大玉だけは取れましたが決して収量としては満足できませんでした。
たしかに昨年は今までより畝の高さがかなり低かったですね。特にミニトマトの畝は低かったです。そのハウスはとりわけ水がたまりやすい圃場ですからね。今年は僕もなるべく高めに畝立てしてみようと思います。

Re: タイトルなし

うちも去年は葉カビに悩まされて散々な結果でしたが、やってみる価値はあると思います。とにかく畝の高さと、ハウスサイドの溝を深く掘る(とにかく水はけの良さ)が重要と言う事だったので今年できる範囲で溝も掘りつつ畝もやってみています。是非やってみてください。いつも栽培日記を読ませてもらいながら一人で凄い量の仕事量をされていて凄いの一言ですが、少しでも追いつけるように頑張りたいと思います。

固定種自家採種の無肥料自然栽培野菜セット7月末までお休み

 お申し込みはリンクの「無肥料自然栽培野菜セット」より  
プロフィール

amrita農園

Author:amrita農園
岐阜県高山市清見町で固定種・自家採種を大切にし無肥料・自然栽培の野菜作りをしています。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム