育苗ハウス温度維持

温度管理用チューブ
今年は去年よりも育苗用ハウスが大きくなったのでハウスの温度管理が心配だったので、ハウスの内張りを去年よりも1枚増やしました。一応外のビニール、裾に隙間風用にビニール、内張りにもう一枚ビニール、床にもビニールを敷いてその上に防草シートをしいてポットを置いています。夜はトンネルに寒冷紗、ビニール、ミラーシートをしています。
沢山のビニールは畑を借りているおじいさんが昔使っていたビニールを貰ったので助かりました。

この辺りのトマト農家の人は保温用に寒冷紗に綿が付いているような座布団のような物をトンネルに使っていて、それは大変暖かくて良いようですがすでに販売中止になってしまっていて手に入りませんでした。
去年温度が心配で近所のトマト農家の方のハウスはどうだろうかと見に行った時に、チューブに水が入っているものがハウスに置いてあって何かと聞いたところ昼間の太陽光でチューブ内の水の温度が上がっている為、夜にチューブが温度を保つ役割をしてくれると聞き良い考えだと思ったので今年は家もやる事にして早速設置してみました。

簡易ホースの14センチを買ってきて水を入れて端を割りばしで挟んでとめただけです。値段も100メートルで2800円程と高くはないので寒さ対策には良いのではないかと思っています。
チューブをトンネル内の両脇に入れて出来あがりです。
チューブ設置後

寒の戻りの寒さ対策も少しは安心出来るといいです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

固定種自家採種の無肥料自然栽培野菜セット7月末までお休み

 お申し込みはリンクの「無肥料自然栽培野菜セット」より  
プロフィール

amrita農園

Author:amrita農園
岐阜県高山市清見町で固定種・自家採種を大切にし無肥料・自然栽培の野菜作りをしています。

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム